社会福祉法人 豊中ファミリー コーポレートサイト

新着情報

お知らせ

アリス甲子園での新型コロナウイルス感染症についてのご報告と今後について

平素よりアリス甲子園の運営にご理解ご協力賜り感謝申し上げます。
ご家族の皆様方、また関係者の皆様方には大変なご心配とご迷惑をおかけいたしております事、衷心よりお詫び申し上げます。

 当法人が運営する、ショートステイアリス甲子園において、12月12日、1人目のコロナウイルス感染症の陽性が判明致しました。その後、同27日までの間に、ショートステイご利用者様5名、特別養護老人ホーム2階ご入居者様1名、職員4名、合わせて10名の陽性が判明いたしました。また期間中には、ご利用者様1名、ご入居者様1名が入院先でご逝去されました。この出来事は、当施設といたしましても、言葉に言い尽くせぬ悲痛な思いでございます。改めまして、ご家族の皆様には、深く哀悼の意を表しますと共に、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 今後についてのご報告でございます。
これまで保健所等指導のもと、感染予防対策を行ってまいりましたが、ご入居者様の陽性が判明し最終滞在日となった12月27日(基準日)~1月11日までの14日間、新たな感染者が確認されなかっため収束とみなし1月12日より通常営業を行ってよい旨の許可を受けました。当施設におきましては独自の判断と致しまして、更に17日間、基準日より合計1か月間(31日間)の警戒対応期間を設けました。これにより、安全が確認されたとして、令和3年1月28日より特別養護老人ホームの通常営業を、2月4日(木)よりショートステイの通常営業(受入)を再開させて頂きたく存じます。再開に向け、更なる感染予防の強化と今後の感染状況に応じた持続的な対策を徹底してまいりたい所存でございます。

 最後になりますが、現在も兵庫県のみならず他府県におきましてもまだまだ気を緩められない状況が続いております。先の見通しがつき辛く何かと不便の多い日々ですが、一日も早いコロナウイルス感染症の終息と、皆様の健康を心よりお祈り申し上げます。

                               令和3(2021)年1月31日
                               高齢者地域福祉連携施設アリス甲子園
                               施設長   佐藤亮介